【医師の年収推移】に関する情報をご紹介!

医師の年収推移について!

医師といっても、働き方によって年収はかなり変わってきます。平成22年度の時点では、医師と呼ばれるすべての方の年収の平均が約1,100万円であるという発表がされました。一般職と比較すれば、千万以上も年収がある医師は高給取りであると言われる所以もわからないわけではありませんが、仕事の内容に比例しているかと言えば、残念ながらそうではないのが現状のようです。特に、美容外科など自由診療で行える分野においては、年収が2,000万円以上、場合によっては2,500以上という医師もいるとされています。

現在においては、医師の平均月収は約90万円で、もちろん診療科目によって差は生じてくるものの、決して安いわけではありません。平均のボーナスも100万円近くの額をもらっているという説もあるくらいです。もちろん、業務の内容や拘束時間、経験年数によって変わってきますが、小児科医で3,300万円、精神科や産婦人科であれば2,600万円、眼科は3,500万円、皮膚科も同様に2,600万円という年収の平均額が出ています。ただ、整形外科は2,100万円、内科は1,900万円、耳鼻咽喉科も1,900万円、外科においては1,400万円と同じ医師でも年収があまり多くない診療科目もあります。

上記の金額は、開業医であってまた勤務医とは違いますので、勤務医になればかなり年収が少なくなる可能性も否定できません。この金額を見てもわかるように、世間一般的には高給取りであると思われがちな医師ではありますが、実際のところはさほど多くないのが現実です。このことから、仕事内容に見合った、また自身が望んでいる分野において活動することができるよう、早いタイミングで開業医になったり転職をされる医師が増えてきています。医局にいれば何とかなった時代とは違い、自分で自身が進んでいくであろう道を決断しなければいけないのは、医師も例外ではないのです。研修医に至っては、今も昔もバイトをしていかなければ生計を立てられないということも少なくありません。30代後半になってやっと40万円もらえるかどうかという場合もあるのです。

勤務医と比較して開業医は年収が高い傾向にはありますが、すべての医師が開業して成功しているかといえばそうではありません。病床数の少ない病院や診療所に至っては、経営困難となり倒産せざるを得ないケースも実際には増えてきています。患者数は年々増えているにも関わらず、病院数が減っているのですから、勤務医の業務が多忙を極めるのは当然のことなのかもしれません。そういった意味では、医師の年収には差がありすぎるとも言えるのです。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて