【10年後の医師の年収】に関する情報をご紹介!

10年後の医師の年収

お給料の高い職種というイメージの強い医師ですが、診療科目によって10年後、どのくらいの年収がもらえているのかはかなり変わってきます。内科医として勤務されている医師の中には、医学部卒業後10年で年収1,700万円という方もいますが、やはりかなりの差があるのが現状です。ちなみに、内科医での1,700万円というのは比較的恵まれている年収であると考えられます。もちろん、どんな職種でも10年同じことに携わっていれば、それなりの年収がもらえるものです。また、現代は医師不足が取り沙汰されていますので、年収もおのずと高い傾向にあるのですが、10年後も果たして医師不足のままかといえば、政策や制度が変わることも考えられるため、高収入であるという保証はできません。逆にこの現状を打破しようと医師不足が解消されるようになると、需要と供給のバランスが取れるかもしくは供給が増えてしまうことも予想されるため、いずれは今のような年収がもらえなくなる時代が来るなどとも言われています。医師の平均年収は約1,200万円ほどですが、医師というのは退職金がない特殊な世界でもあります。医学部に6年、研修医として2年は勉学に励まなければいけないため、大卒で一般企業に就いた方との一生涯の年収と比較すると、退職金を含め、30年間での差は1,300万円ほどしかないのです。年間にすれば40万円ちょっと、月額にしたら3万円ちょっとしか収入に差がないことになります。

つまり、一般的に年収が高いと言われている医師業務ですが、働き方などによっては一生涯得られる収入を大卒一般企業総合職と比較しても、あまり差がないのです。ただ、他種とは違って定年がありません。ですので、現役の医師として長く働くことができれば御の字です。

このようなことから、将来をしっかりと捉えている医師の多くは、卒業後3年〜6年ほどで最初の転職を経験されているといいます。イメージ的には年収の高い医師ですが、実務の内容と比べて見て、やはり相応の額をもらえているわけではないのが現状ですから、自身の希望と条件に沿った転職先を見つけるために、現在は転職エージェントを利用する方も増えてきました。無料で利用できる上に、激務に追われ転職活動をスムーズに行うことができない医師のために、プロのコンサルタントがしっかりとサポートしてくれるため、安心していられるというメリットがあります。10年後、理想の年収をもらえる生活を送るためには、手を抜くことはできません。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて