【医師 年収 診療科別】に関する情報をご紹介!

診療科別の医師年収

医師の年収といっても診療科によってその額は違ってきます。そのため自分が担当する科によって平均の年収も変ってくることになるでしょう。これは医師の数にも影響してくる部分があり、やはり年収が大きい診療科の医師は増えやすい傾向にあると言えるでしょう。ただ、年収が低い診療科といっても特別に大きく低いと言うことはなく、貰える年収は一般の職業よりもずっと大きなことが多いです。業務量とのバランスがどうかと言われると、決して良いと言えない状況があることも確かですが、年収として稼いでいくだけを考えていくと、どの診療科目でもしっかりと稼いでいくことはできるでしょう。

年数や経験、場所によって同じ診療科でも大きく給料が変ってしまうことはありますが、一般的に外科や麻酔科の年収は他の診療科目に比べて大きくなる傾向があるようです。また産婦人科医なども年収が大きくなる傾向があり、500万円前後の差が出てくることはあると言えるでしょう。逆に低いとされているのが精神科医や小児科の医師となります。精神科医も小児科医も非常に活躍の場は多く、ニーズとしても多くのものがあることになります。そのため年収が低いから、役割がないということは決してないことになります。むしろこれからますますニーズが高まっていく診療科目と言えるのではないでしょうか。

ただ、日本の場合、診療科目による年収の差とういのはそれほど大きいものはなく、似通った年収になることが多いようです。また年収が一般的に低いとされている診療科目でも経験や、それまでの実績などによって高いと言われる診療科目の医師よりも年収が高くなることもあります。そのため必要以上に年収を気にすることはないと言えるでしょう。

また医師の場合、医療の最前線に立つという意外にも仕事は多くあることになります。若い医師を教育する立場であったり、学生に教えることで合ったりと教員の立場になることも多いと言えるでしょう。それによって貰える給料も時に非常に大きなものになることがあると言えます。医師になる際、大きな目的を持って目指すことになるでしょう。そこに年収などのことを加えていく必要はあることになりますが、年収によって自分の進路を大きく左右される必要はないと言えるかもしれません。自分の目的を果たせる診療科目へ進むべきと言えるでしょう。それが今後の日本の医療に大きな影響を与えていくことになると思います。

診療科目別の医師年収相場をご紹介!

■産婦人科
■精神科
■整形外科
■内科
■脳外科
■皮膚科
■レーシック・眼科
■泌尿器科
■放射線科
■形成外科
■麻酔科
■外科
■美容外科
■救急外来
■ドクターヘリ
■リハビリテーション科
■訪問診療

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて