【医師の退職金相場について】に関する情報をご紹介!

医師の退職金相場について

医師という職業は年収が高いものの、昇給やボーナス、退職金などの支給はそれほど高い水準ではないとされています。しかし、勤める病院によってかなりその条件も異なりますので、転職先を見つける際には、退職金のことを考慮に入れて選ぶと良いでしょう。まず、退職金において最も大きな差が出るのは、公立病院に勤めるか民間病院に勤めるかということです。

民間病院の場合は、総じて退職金の支給基準が低く、病院によってその基準もまちまちです。10年間勤続して200万円から500万円ほどというのが、一般的な相場でしょう。しかし、場合によっては退職金のことを重視せず、通常の固定給を高く設定しているところもあり、その場合は100万円程度の退職金しか出ないこともあるかもしれません。もしくは、退職金規定そのものが勤務医には適用されず、実質ゼロ円というところもあります。もっとも、退職金は企業の任意によるものですので、払うか払わないかは完全に病院側の意向となります。

国立病院や大学病院などの公立病院は、民間病院に比べるとかなり高い退職金の支給基準が設けられています。自治体によって基準が異なりますが、勤続年数が長いと800万円から1,000万円ほどの退職金をもらえることもあります。固定給が民間病院よりも低いとはいえ、退職金まで含めたトータルの収入は高くなる傾向にありますので、民間病院よりも稼げるケースもあります。そのため、民間病院と公立病院のどちらに勤めるかを迷っているのであれば、月間もしくは年間の収入だけでなく、トータルで稼げる額を計算すると良いでしょう。

転職をする際に候補となる病院を決める場合、退職金のことまで考えるという人はそれほど多くありません。しかし、場合によっては、病院によってかなりの支給額の違いが出てくることもあります。その額の差によって、今まで稼いできた固定給の格差が解消されてしまうこともあるほどです。もちろん、民間病院では、経営状況などによって退職金支給基準が変動してしまうこともありますので確実なものとはなりませんが、ある程度転職先を決めるための要素として考えるのは賢明なことでしょう。また、退職金の支給開始が、勤続3年以上であるとしている病院もあれば、5年以上勤めないと出ないというところもあります。転職のタイミングを図る基準にもなりますので、こうした条件もチェックして転職の候補先を決めるようにしましょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて