【労災病院の医師年収】に関する情報をご紹介!

労災病院で働く医師の年収相場

様々な病院がある中で、労災病院は厚生労働省が所管している独立行政法人労働者保険福祉機構が運営している病院を指しています。国立病院と同等の水準とされており、業務をしている際や通勤の際に負傷したり疾病にかかった時に通う病院というのが一般的な利用の仕方となっています。もちろん、一般患者の診療も行っていますが、労働災害という観点から、整形外科や外科、理学診療科、内科といった診療科目に重点が置かれている傾向が強い、少し特殊な病院だと言えます。全国にある労災病院ですが、診療科目によって、当然のことながら経験などによっても年収は変わってきますが、医師免許取得後10年を経ていた場合、1,500万円〜1,600万円、免許取得後20年経過している場合は、1,600万円〜1,700万円程度が平均的な年収額だと言われています。医師のお給料は高いと言われている中で、労災病院も厚生労働省が所管している病院であることから、総合病院と同じ勤務医扱いとなるため、医師業務従事者の中でもあまり年収は高い方ではないのが現状です。

ただ、有給休暇や夏季休暇、年末年始など、まとまった休日がもらえる場合も多いため、開業医や医師不足の総合病院に比べると、わずかではありますが、待遇が良いケースもあるようです。ただ、夜勤当直などは行うことになりますが、夜勤をすることで健康に支障をきたす可能性のある年齢になると、原則として日直のみという勤務に変わることもあるようです。

労災病院で働いている医師も、今までの経験年数はバラバラですし診療科目が変われば労働条件も変わるため、年収に差が出てくるのは当然です。ただ、自身の転職のターニングポイントをしっかりと見逃さなければ、労災病院においても高い年収を得られる可能性も否定できません。それにはやはり、プロの助けが必要となります。その唯一の方法としてご紹介したいのが、転職エージェントです。転職エージェントは無料で利用できるにも関わらず、その道に詳しいプロのコンサルタントが、手となり足となりまとまった時間を確保しずらい医師の代わりに、条件や希望にあった求人を見つけてくれます。

労災病院の求人というのは、出ていても実際には条件が折り合わなかったり、勤務が難しい地域の求人だったりと、なかなか希望に沿った求人を見つけることが困難だと言われています。ですが、転職エージェントを利用することにより、最高のタイミングで転職先を見つけることができるのです。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて