【僻地の医師年収】

僻地で働く医師の年収相場

医師の働き先として、僻地があります。医療関係の仕事について言えるのは、単純に都会ならば収入が高くなるわけではないということです。一般的なサラリーマンならば、東京や大阪に大手企業を含めた多くの企業が集中しているため、単純に雇用機会が多く、収入についても地方と比べると高くなります。これは、例えば最低賃金を見てもわかるでしょう。その地域の物価に反映されて決められ、一般企業の収入も影響を与えていますが、医師をはじめとした医療関係の仕事については、地方と都会のセオリーが当てはまりません。例えば地方では、全体的に医師不足の問題を抱えています。地方の中規模の都市でも不足しているくらいで、そのため、収入などを見ても地方の方が優遇されていることがよくあります。さらに、僻地となると深刻な人材不足が起こっているので、破格の好待遇を受けられることも珍しくありません。

僻地で働く際には、具体的にどれくらいの収入が得られるでしょうか。これはあくまで、勤務する場所、病院・診療所の規模によって変わり、人材がどれくらいいるのか、経営状態はどれくらいなのかにも影響を受けますが、それでも、平均で月に70万円以上、年で1000万円は軽く超えていきます。そして、特徴的なのは、例えば20代後半といった医者の世界では若手の人でも、1000万円を達成してしまうケースがあります。また、特に深刻な人材不足の問題を抱えているところでは、求人広告にはっきりと年収を記載しています。中にはいきなり2000万円近くかそれを超える待遇のところもあります。

一方で、高い収入の反面デメリットも多いです。まずは生活面で、かなりの好待遇になるような僻地では、交通の便が非常に悪くなっています。車がなければ生活できないような地域もたくさんあるので、そうなると当然、商業施設や文化施設もほとんどありません。あっても都会のような充実はないでしょう。他にも、離島などになると、あらゆるものの輸送コストが高くなり、物価が高くなっていることもあります。他にも、田舎では独特の人間関係や、文化・慣習があります。住民同士のつながりが深い一方で、よそ者に警戒心を抱くこともあるでしょう。特に医者ともなれば、健康や命について責任を持つことになり、ちょっとしたことでトラブルが起きてしまうことも考えられます。

僻地での勤務は期間限定で行っていることも多く、数ヶ月から3年ほどまでいろいろな働き方ができるので、まずはそこから初めてみてもいいでしょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて