【県立病院の医師年収】

県立病院で働く医師の年収相場

県立病院で働く医師の年収はどれくらいでしょうか。まず知っておきたいのは、公務員扱いになるということです。国立病院と同じですが、あちらは国家公務員扱い、こちらは地方公務員扱いになります。いずれにしても、福利厚生の手厚さが目立ち、収入面では昇給やボーナスなどを含めて、とにかく安定しています。昇給は基本的に毎年あり段階的に行われますし、ボーナスは景気に左右されず安定した額が必ず支給されます。一方、年収が民間と比べて極端に高いといったことはありません。むしろ安定性はあっても平均的な収入と考えておいたほうがいいでしょう。初任給から勤務数年までは収入は700万円前後で、ここから昇給が段階的に行われていき、10年もすれば1000万円に突入します。医者は大学院まで進んで6年かけてようやくなれます。早くとも1年目で25歳ですから、ここから考えて30代半ばで1000万円を突破するということです。そこからもどんどん収入は上がっていきます。

また、収入は勤務地によって変わってきます。これについては、公務員だから各地方の物価に反映され、大都市ほど高いと考えてしまうかもしれません。確かに、地方ごとの物価を考慮してはいますが、その一方で地方には医師不足という問題があり、その分だけ1人にかける人件費が高くなっています。その結果、例えば、東北地方、九州地方の県の収入が全国でもトップクラスに位置づけられるなどしています。また、公務員の場合、残業や宿直をするごとに手当が付きます。人員が不足していると勤務時間も長くなりますので、それが反映されて収入が高くなっていると考えればいいでしょう。

とは言え、収入が高いから地方に行けばいいというわけでもありません。まずは人員が少ないことで、責任感が大きくなります。その分だけ経験が必要であり、年齢の比較的高い医師が求められています。また、勤務時間も長くなる傾向がありますので、働いた分だけ稼げるのはいいですが、それも行き過ぎると長く働くには大変になってきます。その辺を考慮して勤務地を考えましょう。

また、県立病院の特徴として、採用されてからはまず正規職員ではなく、臨時職員としてのスタートとなります。これは研修期間と言えるもので、そこでこれまでの経験を活かしつつ、病院勤務の基礎を学んでいきます。そして、概ね1年たって査定が行われ、そこで正規職員となります。これは独特の方式ですが、県立病院での勤務を希望する場合は頭に入れておいた方がいいでしょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて