【製薬会社の医師年収】に関する情報をご紹介!

製薬会社で働く医師の年収相場

医師が活躍できる場として多くは病院となるものの、その中の一つには、製薬会社も挙げられます。製薬会社では、高い医学の知識を持ったドクターの存在を欠かすことはできません。新薬の開発を担う立場にあるからこそ、製薬会社に置いて勤務している医師というのは高い知識が求められています。よって、製薬会社につとめる医師の年収も比較的高いのが現状です。

通称、製薬会社に勤める医師はメディカルドクターを呼ばれていますが、年収の相場は1,000万円〜2,500万円と幅が広いという特徴があります。製薬会社によって年収には幅がありますが、外資系の製薬会社になると内資系の製薬会社よりも年収が高い傾向があります。仮に、製薬会社に勤務したことがない医師が中途採用で外資系の製薬会社に勤務することになった場合でも、1,500万円以上の年収が見込める製薬会社もあるくらいです。

ただ、一般的な医師の年収が1,100万円ほど考えると、夜勤もなく土日祝日休みの残業時間も病院勤務の医師に比べれば少ないですから、そういった意味ではかなり働きやすい職種の一つだと言えるのではないでしょうか。

お給料も高く、しかも働きやすいという好条件がそろっていますから、人気の高い職種となるのは当然のことなのかもしれません。製薬会社によって異なるものの、前職がどういった仕事だったのかによって年収が決定されることも数なくありません。予め細かな条件などが決められている求人もありますので一概には言えませんが、製薬会社から製薬会社への転職であれば優遇されることも多くはなるものの、仮に未経験であっても臨床経験があれば問題ありません。

とある情報によると、医薬品の開発を担う医師は、中枢神経領域である精神科や神経内科、免疫領域であるリウマチなどの知識が豊富だと有利だと言われています。さらに、糖尿病や高脂血症など生活習慣病にまつわる臨床経験があればより幅広い分野において活躍することができるとも言われています。

また、近年がん疾患にまつわる新薬の開発に力を入れている製薬会社も増えつつあるため、がん疾患の臨床経験があれば専門的な知識を活かすことができるとされています。製薬会社の医師は、年収の良さもさることながら、新薬を開発に携わることができるという素晴らしい目的があります。その分責任もありますし背負わなければいけないものもありますが、やりがいのある仕事であることに違いはありません。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて