【バイトのみの医師の年収】

TOPページ << バイト

バイトのみの医師の年収相場は!?

医師の働き方としてアルバイトがあります。医者は病院に勤務しているなど、同じ職場で常勤のイメージが強いですが、実はいろいろなアルバイトの形態があります。まずほとんどの人が経験しているのは、研修医の際に生活費を稼ぐためのバイトです。研修医は収入がほとんどないと言ってよく、バイトをしなければ生活出来ないという人が多いため、夜勤や救急として病院にアルバイトに出向きお金を稼ぎます。研修医をしながらでは大変ですが、実はバイト代が破格であるために成り立っているところがあり、1晩で10万円近い収入を得ることも可能です。

また、医者になってからバイトを行うことも珍しくありません。働き場所としては、例えば地域で行われるがん検診などに参加したり、スポーツ大会での救護にあたったりというものが多いです。これらは不定期に行われるイベントなので、そこで緊急時に待機したり、医療責任者として待機します。このような働き方をする人の中には、例えば開業医であるものの、高齢になって病院は息子などに任せているという方がいます。体力的に常勤は難しいながらもバイトならば可能ということで、このような働き方をするのです。一方で、バイトで生計をたてている人もいます。常勤と比べると低いですが時給が異常に高いこともあって、一般的なサラリーマンほどは稼げてしまいます。年収で言うと500万円ほどは可能となっています。

例えば、夜勤専従でバイトを行い、週に1回で5万円ほど稼げるとしたら月に20万円になります。実際にはこれ以上の収入が得られるので、これだけでも生活はできます。中には、開業資金を稼ぐために常勤の後で行うという人もいます。開業には、小規模の医院では1000万円は少なくとも必要です。夜勤の場合、週に数回行えば3年ほどで1000万円は貯まるでしょう。常勤の他にこなすのは大変ですが、開業医になると平均年収は倍近くなるので、このような働き方をしている人は珍しくありません。

他にも、バイトの形態を見ていくと外来勤務があります。収入の目安としては、半日のみなら3万円ほど、1日ならば5万円からで夜勤と比べる低いですが、一般的なアルバイトと比べると高額になっています。もちろん、勤務先の経営状況などによって左右されますが、これくらいの収入は十分得られると考えていいでしょう。また、バイトについては手術の有無が大きく左右します。常勤以外の病院で手術を担当するのは精神的にも負担が大きいですが、それによって収入は大きく変わってきます。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて