【医師 年収 年齢別】に関する情報をご紹介!

年齢別の医師年収

どんな職業でも年齢によっての年収の違いがありますが、医師はその違いが大きな職業と言えるでしょう。若いうちであると医師の平均年収に全く届かないような状況が続く事もあります。特に新人として扱われる20代の医師の年収というのは平均年収の半分以下になってしまうこともあるくらいです。

医師全体の平均年収がだいたい1200万円となっていますが、20代の意思の平均年収は400万円から600万円ほどとなっています。20代であっても30代に近いものになってくれば、600万円前後になることは多いようです。しかしそれでも平均の1200万円には遠く及ばないものになっていると言えるでしょう。

医師として年収が平均1000万円を超えるくらいになるのはどのくらいかと言うと、30代後半になってそれがかなうことが多いようです。人によってはこれよりずっと早く年収1000万円を突破してしまうこともあるかもしれませんが、平均としては30代後半となっています。前半ではまだ800万円から900万円であることが多いようです。

医師として40代を超えたあたりから、医師全体の平均年収1200万円を超えてくることになります。40代全体で見てみると平均して1500万円前後もらっていることが多いようで40代後半から50代前半になってくると1700万円近い給料を貰えるようになり塀8斤を大きく超えてくるようになります。

通常の職業であれば、退職と考えられる年齢でも給料が上がっていくことがあります。また60代を超えたあたりが一番給料が高くなることがあるのも医師の特徴の一つであり、活躍できる時期は非常に長いと言えるでしょう。若い時期に貰える給料が比較的少ない分年齢を重ねた時に貰える給料が爆発的に多くなっていくということがあります。医師として十分な平均年収を得る為には、長期間働くということが前提にあると考える事もできるでしょう。その中で多くの知識を得ることにもなるので、長期間働いて一人前の医師になると言う事もできます。

また年齢が40代や50代であっても医師としての経験がそれに見合っていない場合、経験の年月によって給料が決まる場合も当然あります。そうなってくると貰える給料が若い年齢の給料の額に収まってしまうこともあると言えます。年齢よりも経験が大きく重視されるようになるでしょう。技術や知識が重視される職業であるのである意味では当たり前と言えるのではないでしょうか。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて