【国立病院の医師年収】

国立病院で働く医師の年収相場

国立大学で働く医師の年収について見ていくと、基本的には国家公務員扱いになるため、基本的な収入は平均かそれ以上で、何より福利厚生が手厚い特徴があります。そして、国が定めた独自の給与規定があり、それに従って収入が決まります。目安としては、医師では1400万円ほどとなっており、全体の平均給与とほぼ同じ水準です。そこから役職ごとに給料は増加していき、院長クラスになると2000万円近くになります。また、収入は毎月のものに加えて業績による収入が加えられます。

また、公務員の特徴として、昇給が段階的に行われることが挙げられます。これは年功序列のようなもので、安定して必ず収入がアップしていくので、安定性を求めている人にはおすすめできる職場と言えます。手当について見ていくと、例えば宿直手当は1回につき2万円、救急呼出・待機に関する手当は1回につき5千円など、細かいところまで金額がしっかり定められています。働いた分だけしっかり計算されるということで、仕事の量と収入がきちんと計算できる点は大きなメリットでしょう。

また、家族に対する手当もしっかり揃っていますので、既婚者には嬉しい制度です。例えば、生活給手当という名目で、扶養手当が配偶者に対して1万円強、子や父母に対しては5千円強が1人ずつ付きます。さらに、住居手当は3万円弱、通勤手当は職場との距離によって最大で2万円ほどです。単身赴任などの際にも手当が出るので、とりあえずそれぞれの勤務状況によって何らかの手当がしっかり付きます。

一般的なサラリーマンと比べた場合、公務員の収入は明らかに高くなっています。一方で、医師は民間に努めていても収入が高いですから、公務員だからといって必ずしも収入が高いということはありません。ただし、国家公務員ということで、基本的にクビになることはなく、昇給も段階的で、ボーナスも安定、手当も充実ということで、やはり安定性が一番の魅力です。他にも特徴を挙げれば、例えば、国立病院はそれぞれの地域で医療機関の中核をなすところが多いため、医療機器や設備が充実しており、科目も多く、様々な経験を積むことができます。地域貢献というやりがいもあるので、キャリアアップを考える人にとってもおすすめの職場になります。もし希望する場合、求人はそれぞれの地域で国立病院機構が行っています。まずは自分の住んでいる地域のホームページで情報を見てみましょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて