【脳外科の医師年収】

脳外科で働く医師の年収相場

脳外科はあまり身近な科ではありませんが、ここでは、例えば頭痛やめまいといった症状について検査や治療を行うことがあります。このふたつならば誰でも経験があるでしょう。慢性的な頭痛、あるいは原因不明のめまいなどが起こった場合に、原因を突き止める意味で脳外科を受診するといったことがあります。他にも、外科というくらいですから、例えば頭部に外傷を受けたり、脳の血管に関する病気などがあれば、ここで検査や治療を行うことになります。さらに、脳神経外科もここに含まれることが多く、扱う部位が部位だけに、特に専門性の高い科となっています。脳、脊髄、末梢神経、脊椎といったナイーブな箇所を治療していきます。

このように、脳外科は収入以前にスキルや専門性の高さが必要な科となっています。在籍する人材のレベルも高く、希望を出しても必ず配属されるというところではありません。気になる年収については、医師全体の平均値とほぼ同じで、1000万円強と考えていればいいでしょう。具体的なものを見ていくと、勤務5年であたりで1000万円に達することが多く、10年でさらに上にいきます。このように、収入を求めてこの科を求める人は普通はおらず、むしろ自分の憧れであったり、スキルの高い仕事をしたいということで希望をする人が多くなっています。

もちろん、脳外科の中でも特にスキルが高い人材となると、収入は更に高くなっていきます。ただし、それはあくまで可能性です。いくら技術があっても、それに応じて収入がきちんと上がるかと言えばそうでもないのが医者の世界です。例えば、同じ病院に勤務している場合は、出世をしなければ大幅な収入アップは望めません。それならば病院を移った方がいいでしょう。スキルの高い人ならなおさらそう言えます。

一方で、脳の分野における医療は先端医療でもあり、今後も需要はどんどん高くなっていくと考えられます。したがって、現在は収入が平均的であっても、将来的に需要の高さを見込んで収入がアップする可能性は高いです。できることなら若いうちから脳外科に入り、知識やスキルを磨いておき、いろいろな選択肢からキャリアを選べるようにしておきましょう。もし気になることがあれば、転職サイトやエージェントに相談をしてみてもいいでしょう。スキルを積める職場や方法について、役に立つ情報を得ることができます。早い段階で情報収集をしておくことをおすすめします。

脳外科の医師求人情報ならここで探そう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて