【麻酔科で働く医師の年収相場】

麻酔科で働く医師の年収相場

医師の中でも、麻酔医の年収はどれくらいになるでしょうか。結論から言うと、他の科に勤めている場合とさほど大きな違いは内容です。医師全体の平均は1000万円台前半になるので、それを目安にしておけばいいでしょう。また、働き方もいろいろあり、経験を積んでいる方の中には、フリーとして働いている方もいます。その場合はアルバイトになり、勤務日数も週に数日となります。もちろん、常勤で正社員の方もいます。

麻酔科の業務について見ていくと、手術の前、あるいは手術中において、患者に麻酔を打つのが仕事です。また、薬の管理を行うのも仕事で、それを専門にしているという点が、他の医者とは異なる点でしょう。また、手術中にただ注射を打てばいいわけではありません。例えば、強力な麻酔は時と場合によって体の機能を低下させてしまいます。そのため、常に呼吸を確認するなど、麻酔による体の変化をチェックする必要があります。また、手術中でも何回も麻酔を打ち、基本的には手術を通して業務することになります。10時間を超えるような手術になると、それだけ勤務もきつくなると考えておきましょう。

他にも、手術を控えた患者さんに向けて、薬の説明をすることも大切な業務です。これは一般の内科医や外科医の診察に似ているので、医者というイメージと合致するでしょう。患者さんに対してどのような麻酔を使用するのかきちんと理解してもらい、納得した上で手術を受けてもらいます。勤務時間は長くなることも多く、専門性も高いとあって、人材不足が問題視されている科でもありますが、需要は高いので、希望をすれば無理なく採用される科とも言えるでしょう。さらに、例えば救急患者の受け入れを行っている大規模な病院に勤務した場合は、土日の出勤や夜中の手術への参加などもあり、激務になる可能性は高いです。

他にも、少し注意すべき点があります。それは、例えばフリーの麻酔医となって働く場合には、経験や資格を問われることになります。これは、逆に考えれば、自分で麻酔のプロフェッショナルを目指せば、需要も高くなり自分なりの働き方ができるということです。もちろん、安定した収入が欲しい場合には、病院勤務が一番でしょう。まずは病院に勤務して経験を積み、そこから将来的なキャリアアップを、開業なども含めて考えていくと上手に収入をアップさせられます。転職サイトなどに早めに相談して、積極的に情報収集しましょう。

麻酔科の医師求人をお探しならコチラ!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて