【放射線科の医師の年収相場】

放射線科で働く医師の年収相場

医師の職場を科に分けて見ていくと、メインの科としては内科、整形外科、皮膚科、小児科などがあります。これらの科は単独でクリニックになっているところも多いので、利用者が多く、メインと呼べることがよくわかります。これらに加えて、放射線科という科もあります。例えば大学病院や総合病院など、大きな病院に単独の科として存在しています。一方で、先ほど挙げた科と比べると、開業医として独立するのは少々難しくなってきます。これは、医療設備などを個人で揃えるのは現実的に難しいことなどが理由です。そんな放射線科について年収を見ていくと、医師全体の平均と同じかやや低めで1000万円前後になり、多くの方は1000万円に到達しています。

収入の上がり具合を見ていくと、20代のうち、つまり卒業して5年以内では、一般企業に務めるサラリーマンとほとんど変わりません。しかし、5年目以降、30代からの上がり方が非常に大きく、数年でサラリーマンを追い抜いてしまいます。これはまた、この科の専門性が高く、経験が重要視されていることも意味しています。とは言え、限られた人しかできないということはなく、希望を出せば務めることは可能です。一方で、当直や残業もありますが、他の忙しい科と比べれば比較的勤務形態には余裕があります。収入も平均ほどで、忙しさもやや低いということで、働きやすい科と言えます。

放射線科の業務や役割について見ていくと、その名前の通り、放射線を使った治療や検査を行います。例えば、レントゲンでお馴染みのX線、MRI、あるいは女性に行うマンモグラフィといった検査がポピュラーでしょう。ここからもわかるように、治療よりも検査をすることが多い科というのも特徴の一つです。

収入の話をもう少しすれば、中には非常勤で勤務している人もいます。医者における非常勤は1日あたり、あるいは時給が非常に高いことで知られています。日給で10万円に達することも珍しくなく、十分生活していけるだけのお金を稼ぐことができます。これは、レントゲンやMRI検査が高度な医療であり、利用者も多いことに加えて、がん治療にも重要な役割を果たしていることもあります。がんの検査や治療において照射線は欠かせないものです。例えば、就職先としては、人間ドックを行う医療機関やがん治療の専門病院などがあり、そのようなところならば、非常勤でもかなりの収入を得ることができるでしょう。

放射線科の医師求人なら以下のエージェントで探そう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて