【外科の医師年収】

外科で働く医師の年収相場

医師の中でも、外科医の年収はどれくらいになるでしょうか。結論から言うと、医師全体の平均とほぼ同じで1000万円強となります。これは科の二大区分である内科も合わせて共通したものです。当然、年齢や勤務先、経験などの要素によって年収を上げることは可能です。そして、開業医になると2000万円を超えてくるというのも共通しています。

収入について、若い内から見ていくと、例えば医局に所属する研修医となると400万円弱にとどまってしまいます。しかし、研修の時期はアルバイトをする人が多いので、実際の収入の額はこれよりもずっと大きくなります。例えば当直では、1日で少なくとも5万円、中には10万円を超えるという高額バイトで、他のバイトでは考えられない報酬です。これは、かつては研修医は基本給が実質的に無かったことも影響しているでしょう。このバイトは、研修を終えてからももちろんできます。

また、研修を終えて病院に入った時のいわゆる初任給を見ていくと、病院にもよりますが、いきなりサラリーマンの平均収入を超えてくることも珍しくありません。1000万円も数年で達成してしまいます。目安としては、30代で1000万円に達すれば十分でしょう。これが昇進なども含めて、40代になると1000万円を大きく超えてきます。順調に出世した場合、50代では1500万円近く、さらに院長などの役職になると2000万円も見えてきます。

一方で気になるのは、開業をした場合はどれくらいまでいくのかということです。開業医全体の年収の平均は、外科医で2000万円を超えてきます。経営状態にもよりますが、問題なく経営すればこれくらいは十分達成可能というわけです。もちろんリスクは大きいですが、勤務医と開業医は全く別ものと考えられています。一方、勤務医であっても、例えば経営状態の良いクリニックなどは、日勤のみで平均収入を超えるなど、安定した労働環境でそれなりの収入アップが可能です。このような情報を得るには、転職サイトのエージェントなどに相談して、条件を高収入に絞って求人を探すのが一番です。経験やスキルがしっかりしている人ほど、職場を変えるだけで収入を100万円単位でアップできます。この点、開業するとなれば資金だけで1000万円必要ですし、自分で経営者として管理していくことも必要なので、ある意味で大変さが収入に反映されていると考えていいでしょう。このように、収入を上げるにはそれなりの理由が必要なので、自分の現状を把握して、どのような選択肢があるかじっくり考えてみましょう。

外科の医師求人をお探しならコチラ!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて