【ドクターヘリの医師年収】

ドクターヘリで働く医師の年収相場

医学の知識はもちろんのこと、救急医療としての技術力も必要不可欠なのがドクターヘリで働く医師となります。通称、フライトドクターなどと呼ばれることもありますが、原則としては、病院に勤務する傍らでドクターヘリの医師としても働くことになる可能性が高いため、各病院で定められた給料携帯となります。緊急度の高い病院のドクターヘリになると、原則は昼間にはなるものの夜間に運ばれてくることもあるため、昼夜問わず呼びだしがかかることも少なくありません。そういった意味では、ドクターヘリを専門とする医師も、一般病棟につとめる医師の勤務形態とさほど変わらない部分があると言えます。

また、ヘリポートが設置されている病院については、最先端の医療が完備されている傾向にあるため、手当などを含めると1,000万円〜1,200万円ほどがドクターヘリの年収の相場だとされています。しかしながら、通常の業務に加えてドクターヘリとしての業務も遂行しなければいけないため、多忙を極める可能性も高いといえます。

ドクターヘリの出動要請は、消防署が基本となりますが、他の病院から要請が来るケースもあります。他の病院から要請が来るケースとしては、二次救急の病院において対応することが難しい重篤な患者がいる場合に要請が出されることになります。当然のことながら、1日にドクターヘリが飛ぶ回数は0回の時もあれば、多い時では7回、8回飛ぶときもあるといいます。

特に観光地では、その地域の観光シーズンとなる時期にドクターヘリの要請が出ることが多く、中でも海水浴場や冬場に行われるダイビングなどの事故、山道などでの事故でドクターヘリの要請が出ることが多いと言われています。

これらのことを踏まえると、ドクターヘリに勤務することになる医師というのは勤務時間もバラバラで多忙を極める日もあれば、そうではない日もあるということになりますが、年収の相場は一般病棟に勤める医師とあまり変わりがないと言えます。もちろん、勤務年数や病院の規模などによって異なる部分はあるものの、専門的な知識や技術が必要になるとは言えど、想像を超えるような年収がもらえているということは少ないのかもしれません。しかしながら、どんなことよりもやりがいがいと責任感のある仕事ではないでしょうか。一刻を争うであろう患者の命を救うものとして、ドクターヘリの仕事というのは自身の糧になるものを多く得ることができます。

脳外科の医師求人情報ならここで探そう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて