【医師年収5000万円】に関する情報をご紹介!

年収5000万円の医師の事例

勤務医に比べると、開業医は年収がいいと言われています。が、年収5000万円クラスになると、極めて少数となるのが現状にはあります。ちなみに勤務医の年収が1200万円程度ですので、簡単に計算しても4倍近くとなるわけですから、開業医でもずば抜けた何かがなければ年収5000万円に到達することはとても難しいと言えます。

開業医でももっとも多いのが2000万円〜2500万円で全体の17%を占めます。次いで多いのが3000万円〜3500万円の12%、5000万円以上は全体の9%未満となっています。つまり、5000万円クラスの年収を誇る医師は、開業医でもそうそういないということになるわけです。

開業医でも難しいと言われている年収5000万円の壁ですが、勤務医として働きながらでも5000万円クラスの年収がもらえるケースも実際にはあります。もちろん、多くはないものの、ヘッドハンティングという形だったり医師不足が深刻な問題と化している地域においては、年収を4000万円、5000万円提示し医師不足を解消しようというものも見られることがあります。

ただ、どんな医師でもヘッドハンティングされるというわけではなく、専門的な知識を持っていたり他の医師とは違う技術を身につけていたりなど、欲しいと思ってもらえるものがある医師がヘッドハンティングされることが多い傾向にあります。

また、麻酔科医などフリーランスで活動している医師も年収が5000万円近くになることもありますが、美容外科医も年収5000万円を超えることがあります。なぜなのかというと、美容整形においては自由診療だからです。自由診療ということは、料金の設定を各病院やクリニックで行うことができるため、年収もおのずと高くなる傾向にあるのです。

一般病棟の場合、診察が中心となるのですが、美容外科や美容整形外科の場合は手術が中心となるため、大きなお金が動くことも少なくありません。ですので、手術の件数が多くなればなるほど、年収も比例するように高くなるというわけです。

美容整形外科などは、専門的な知識と技術が求められるため、ある程度経験を積んでいなければ開業医としてもやっていくことができません。しかしながら、他の診療科目を専門とする医師に比べれば、とても高い年収を得られる可能性もあると言えます。当然のことながら、その分リスクなどもありますので、年収の良さだけでやってくことができるものではないとも言えます。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて