【年収4000万円の医師】に関する情報をご紹介!

年収4000万円の医師の事例

日本においては、年収4000万円を超える医師というのはごくごく小数と言われています。一般的な医師の年収が1,000万円〜1,200万円ほどですので、4000万円という年収がいかに高いかが伺えます。ただ、少数派ではあるもののいないわけではありません。ですが、所得が2000万円を超える開業医も全体の15%ほどしかいないとされているため、開業医でも4000万円の壁を越えられる医師は5%ほどだと言われています。

残念なことに、日本ではごく少数派と言われているだ4000万越えの医師ですが、アメリカなど先進医療を担う国においては、日本の10〜20倍近く、成功すれば年収が得られるとされています。

たとえば、希少とされている麻酔科医や放射線技師などは、フリーランスとしても活動することができます。成功すれば、日本4000万円以上の年収を得ることができると言います。もちろんフリーランスとして活動すればかならずしもこの年収にまで到達することができるというわけではありませんが、どこの病院でも重宝される分野を専門としている場合は、4000万円という壁を越えられる可能性も出てきます。

さらに、医師が不足している地方などでは年収5000万円以上の条件でヘッドハンティングされることもあり、中にはマイホームや車まで用意してくれる地方もあるようです。

ちなみに、大学病院に勤務する30代前半の医師の年収が1000万円にも満たないことが多いため、4000万円でフリーランスとして働く、またヘッドハンティングされるということはチャンスでもあるわけです。

フリーランスで活躍している麻酔科医のケースを見てみると、1件あたりの報酬は10〜20万円ほどではありますが、麻酔科医として常勤で働く場合、1000万円〜1500万円ほどが年収の相場となります。また、常勤医の場合、年間で200〜400件ほどの手術の麻酔を行うとされていますが、フリーランスで活動している麻酔科医になれば、常勤医の半分の仕事の量で同じくらいの年収を得ることができるようになります。

個人のスキル、及びどのくらい営業ができるのかによってもフリーランスの麻酔科医の年収は変わりますが、それでも常勤医と同じ業務をしているにも関わらず、年収が2〜3倍になるのですから、フリーランスを選ぶ医師が増えるのも当然なのかもしれません。仮に、仕事量が半分に減ったとしても医療ミスや肉体疲労といったという面でのリスクが減れば今後は今以上にフリーランスとして働く医師が増えることが予想されます。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて