【産業医の医師年収】に関する情報をご紹介!

産業医の年収相場

産業医は非常に人気の高い職種の一つとなっています。ただ、産業医といっても年収の相場は幅があり800万円〜多い場合では1,600万円となっています。業務の内容も含め、勤務形態などによっても年収に差があるのは当然なのですが、なぜここまで年収に差があるのかというと、産業医といっても勤務する企業の規模には大きな差があるからです。従業員が多い企業になればなるほど産業医としての業務も多忙になったり増えますから、おのずと年収も高くなります。逆に従業員が少なければ、従業員に応じた業務内容となるため年収にこれだけの差が出ると考えられます。

しかしながら、年収の高い産業医の求人というのはやはり最初に埋まっていくのが現状にあります。病院勤務の医師に比べれば、残業も少なく夜勤もありません。各企業のカレンダー通りの休日になるため、ほとんどが土日祝日休みとなり、プレイベートの時間もかなり確保しやすいという魅力があります。ですので、年収が1,000万円なかったとしても、1つの求人に応募者が何名も出るという現象が起こりやすいのです。

ただ、産業医として活動していくためには、企業で働いている労働者の健康管理を維持することにつながる知識があること、厚生労働省が定める要件を満たしていることが必要だとされています。日本医師会の産業医学基礎研修や産業医科大学の産業医学基本講座などの受講をしなければいけません。つまり、臨床経験のみがあれば良いというわけではなく、様々な分野についての知識が必要となるのが産業医の仕事であると言えるでしょう。

また、年収に比例するように、高くなればなるほどその業務は多忙を極めます。健康リスクを抱えているであろう社員に対して健康を維持することができるように指導及びアドバイスを行うことや精神的な部分においてリスクを背負っている社員に対してどのように対応していくべきなのか、人事担当者などに指導を行ったりするのも産業医の仕事の一つとなっています。

日常の健康相談以外にも、労基署への提出物を作成したり休職や復職に関わる面談や相談に乗るのも産業医の大切な業務の一つとなっています。ですので、従業員が多く管理しなければならないことが増えれば増えるほど、産業医の仕事は多忙を極めるというわけです。ですから、年収の相場には800万円〜1,600万円と倍近くの差が現れてくるのです。もちろん、年収も大切ですがとてもやりがいのある仕事でもありますので、年収以上の喜びを感じられることも少なくないと言われています。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて