【医師の年収格差について!】に関する情報をご紹介!

医師の年収格差について!

医師の待遇は他の専門職と比べてもかなり水準が高く、特に高収入を得られる傾向が強く見られます。医師の平均年収は、勤務医で800万円から1,000万円程とされています。これが開業医となると、1,200万円から2,000万円位になります。このように全体的に高い収入水準となっていますが、医師の中でも収入格差がありますので、できるだけ高収入を得られるような勤務先を選ぶことは肝心です。また、それぞれが持つスキルや経験によっても収入が大きく変わることも珍しくないので、常にスキルアップを図ることは重要でしょう。

もちろん収入の額だけを考えれば、個人でクリニックなどを開業するのが一番高い水準となります。しかし、開業となるとオープンのための資金がかなりかかりますし、自由も制限されることになります。開業医として働ければ、勤務医の二倍以上の収入を得られることも珍しくありませんが、こうしたデメリットも考える必要があるでしょう。その上で、勤務医としてより高い収入を得られる方法を探るというのも賢い手段と言えるでしょう。

勤務医の場合は、どの診療科に勤めるか、どの病院に勤めるかで大きく収入が変わります。原則としてはなり手が多い一般内科などの診療科はどうしても給料水準が低くなり、救急医や専門外来の専属医などはその専門性から高くなる傾向があります。また、固定給や初任給という観点から見ると、公立病院よりも民間病院の方が高い傾向にあります。固定給だけで見ると、年収で200万円ほどの格差が付くこともあります。しかし、国立病院にしても自治体運営の病院にしても、一般的に昇給の割合が高く、毎年確実に昇給するというメリットがあります。また、年齢と勤続年数を重ねることでボーナスと退職金の支給基準はかなり高くなります。その為、一定以上の年数勤続した場合では、公立病院の方が高収入となるという逆転現象が生じます。また生涯年収で見ると、1,000万円単位で公立病院を勤めあげた方が高くなるという統計もありますので、人生プランを設計するときの参考にすることができるでしょう。

また、専門資格や実績によっても年収格差がかなり出てきます。指導医や認定医などの資格を取るだけで資格手当が付きますし、より良い条件での転職も可能になります。また、外科医や救急医としてのスキルが高く実績を積み上げている医師は、他の病院から好条件で引き抜かれることも多いですし、臨時の手術などで報酬を受ける機会も多くなります。高いスキルを持っている人ほど、高い収入をもらえる世界でもありますので、常に知識と技術を磨いていくことを忘れないようにしましょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて