【医師の住宅ローンについて】に関する情報をご紹介!

医師の住宅ローンについて

医師は総じて高収入を稼ぐことができますので、住宅ローンを組む際にも一般的なサラリーマンより有利な条件で融資を受けることができます。しかし、注意しないと金融機関によっては審査の際に厳しい評価を下されることもありますので、注意が必要です。

たとえば、転職回数が多い医師の場合は、金融機関も審査を厳しめに行う傾向にあります。医師の仕事は、一般的なサラリーマンのような雇用形態ではなく、どちらかというと事業主に近いものとなりますので、医師としてのトータルでの従事年数ではなく、それぞれの医療機関で勤続した年数が数えられることもあります。つまり、医師として10年間働いてきたとしても、2年ごとに5回病院を変えているのであれば、勤続年数が2年とみなされることがあるということです。こうなると、信用状況が低くなってしまうことになります。もちろん、すべての金融機関がこうした基準を採っているわけではありませんので、まずは審査を依頼すると良いでしょう。どちらにせよ、一つの病院で長く勤続した方が、住宅ローンを組む場合には有利となります。

また、貯金の多少も医師という職業とは別に、ローンの審査に影響します。年収が高いとしても貯金が全然ないようでは、経済状況に問題ありとみなされて融資限度額も低くなってしまいます。そのため、ある程度高額の住宅ローンを組もうと考えているのであれば、貯蓄額を増やしておく方が良いでしょう。もしくは、担保となる不動産を所有するなど、安定した資金繰りができることを見てもらう必要があります。

このように医師であっても、高収入を得ているからといって簡単に住宅ローンを受けられるわけではありません。この点においては、一般的なサラリーマンと同じだと言えるでしょう。同じ職場に長く勤務して、収入が高く、貯蓄が高いほど高額の住宅ローンを受けられます。もちろん、金融機関によって審査の基準が違いますし、医師には優遇措置を取るところもあります。医師同士でこうした情報を持っていることもありますので、同僚の医師などに聞いてみるのも一つの手でしょう。また、一つの金融機関だけに相談するのではなく、複数の金融機関を訪ねて金利や融資限度額などより良い条件を提示してくれるところを選ぶようにしましょう。金融機関によってもずいぶん条件が異なるものですので、時間と手間がある程度かかるとしても、こうした努力は無駄になることはありません。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて