【総合病院の医師年収】

総合病院で働く医師の年収相場

総合病院で働く医師の年収はどれくらいでしょうか。まず、医師はそもそも収入が高い職業で、平均給与は1000万円を超えています。その中でも、総合病院の収入相場の位置づけはどこかと言えば、まさに平均年収と同じくらいです。平均以下のところは、例えば小規模のクリニックや医院などがあります。一方で、収入が高いのは視力矯正を行う専門のクリニックや開業医、救命救急などです。では、医者の平均収入を細かく見ていくと、月収では90万円ほどとなっています。これに、ボーナスが同じく90万円ほど加わります。これらを合わせると年収換算で1200万円ほどになり、総合病院でもこれくらいの収入は十分目指せるというわけです。

一方で、年齢による収入の差も考えておくべきでしょう。これは他の職業と同じく、年齢が高くなるにつれて高くなっていきます。20代だと収入はそれほど高くなく、500万円ほどから始まるところが多いようです。一方で、20代の終わりから30代にかけて収入が上がっていきます。ここで1000万円を超え始めるでしょう。そして、その先には役職があります。最高の役職は院長ですが、ここまでくると2000万円を超えていきます。一方で、目安として開業医の収入を見ていくと、平均で2000万円を超えています。ここが勤務医と開業医の違いです。

他にも、若いうちの医師の年収について見ていくと、以前は研修医はほぼ無休で働いており、夜勤のアルバイトなどをして生活していましたが、この形も徐々に改善が見られます。大学を卒業して、国家試験を受けてから研修医になりますが、臨床研修制度の見直しによって、現在ではサラリーマンの収入と同じくらいの400万円ほどが入ってくるようになっています。一方で、研修を終えた後の収入は職場によって大きく変わってきます。病院勤務であっても、地方の過疎地では驚くほどの好待遇であったり、あるいは経営状態のいい病院ではスキルや経験が普通でも収入が高いなど、勤務地の選択で異なります。100万円単位で変化するので、ここが非常に重要な分岐点と言えます。

では、平均以上の収入を目指すにはどうしたらいいでしょうか。一つ言えることは、現在の自分の能力を正当に評価してもらうことです。スキルや経験があっても、勤務先の都合でなかなか上がらない人や、他の病院なら高待遇を得られる人は結構いると言われています。このような場合は、勤務先を上手く変えるだけですぐにでも100万円単位で収入をアップさせることができます。また、レーシック眼科や美容整形など自由診療の医療機関に移るのもひとつの手でしょう。

年収をアップさせるなら転職サイトを使おう!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコムの登録はコチラ
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリアの登録はコチラ

求人サイト一覧

医師年収の基礎

タイプ別の医師年収

金額別の医師年収事例

年齢別の医師年収事例

その他

このサイトについて